catch-img

7月6日(月)19時~20時【リモートワーク下でも、メンバーの「実行力」を下げないマネジメント手法とは】

ここ最近のCOVID-19の流行時勢も鑑み、在宅勤務にならざるを得ない状況は未だに改善されません。強制的な在宅勤務化によって、従来リアルなコミュニケーションでカバーできていた部分を、仕組みとして整えることが急務となりました。
中長期的にみて、制度の整っていない環境での在宅勤務が続くと人材の流出や個人のパフォーマンス低下のリスクがあります。

今回は、「モチベーションエンジニアリング」を強みにしている株式会社リンクアンドモチベーションの芳川様をゲストにお呼びし、在宅勤務によって変える必要がある社内評価制度について議論いたします。
議論の中では、スタートアップからベンチャー企業まで取り込めるように、具体的な事例やノウハウも取り上げてご説明していきます。

お申し込みはこちら

◆こんな方にオススメ
・直近で在宅勤務に移行した方
・評価制度の知りたい企業の人事の方
・人事評価制度を変える必要があるとお考えの方
・多方面の事例を知りたい方
・人材流出の問題を抱えている方


◆登壇者紹介

株式会社リンクアンドモチベーション
芳川 諒子氏


1984年、大阪府高槻市生まれ。聖心女子大学卒業後、2007年株式会社リンクアンドモチベーション入社。関西支社に配属され、1年目から全社MVPを2期連続受賞。関西支社で7年勤務し、2014年より東京本社へ異動。現在は、モチベーションクラウドのセールスマネジャーを担当する。


Smartly.io
坂本 達夫氏

2008年に東京大学経済学部を卒業後、楽天、Google、AppLovinを経て、2019年2月より北欧のマーケティングテクノロジー企業Smartly.ioに参画。日本第1号社員・事業責任者として日本展開をリードしている。
実益を兼ねた趣味として、累計30社以上のスタートアップにエンジェル投資を実行。
新サービス・アプリ紹介番組「ええじゃないか」(TOKYO MX)にMCとして出演。
YouTubeチャンネル『坂本達夫のスタートアップ酒場!!』出演者・チャンネル登録者募集中。

株式会社マツリカ
中谷 真史氏


新卒にて外資系製薬会社へ入社、MR約1000名中トップセールスを経験。
その後コンサルティングファーム2社にて、日本全国多業界のセールス分野のプロジェクトを中心としたコンサルティングに従事。
2018年よりマツリカに入社。カスタマーサクセス統括部長に就任し、顧客のSenses活用による営業成果向上の支援に従事した後、現在ではManaging Director として営業組織を管掌する。

株式会社ドゥーファ 代表取締役 
一戸 健人

1990年生まれ、29歳。
ITベンチャーにて顧問サービスを立ち上げ、3年で売上3億の事業に伸ばし、同時にベンチャーキャピタル子会社社長も兼任する。
2017年10月より株式会社ドゥーファを創業。
副業(複業)サービス「Kasooku」「副業転職」の開発・運営を行う。


------------------------------------
【スケジュール】
19:00~19:05 受付開始
19:05~19:10 登壇者紹介
19:10~19:55 4名によるパネルディスカッション「リモートワーク下のマネジメントってどうあるべきか?」
19:55~20:00 クロージング
※進行状況により多少前後する可能性もございます。


◆セミナー概要
日時:7月6日(月) 19時~20時
方法:オンライン(Zoomというアプリを用いて行います)
料金:無料


◆オンラインセミナー(Zoom)の参加方法
・本セミナーは、オンライン(Zoom)で実施いたします。
・インターネット環境、カメラ、マイク付のパソコンもしくはスマートフォンが必要です(パソコンでの参加推奨)
・セミナー前日にご登録いただいたメールアドレスに受講用URLをお送りいたします。
・開始時間10分前になりましたら、URLにアクセス可能となります。

◆お申し込みはこちら

ご参加お待ちしております。

週間アクセスランキング

1

スタートアップ企業にて副業社員活用により事業加速

株式会社BUBはWEBマーケティング・ミドル人材の採用に副業写真を活用。スタートアップ期の企業こそ副業社員活用を進めることのメリット、より上手く機能させるためのコツ、活用するうえで持つべき企業マインドについて同社代表取締役CEO一戸悠人氏より伺う。

2020年03月25日 12:00更新: 2020年09月15日 14:02

2

雇用形態にこだわらないジョブ型採用を導入のきっかけから副業者活用のポイントとは!?

株式会社ユニメディアは、デジタル領域におけるマーケティング支援企業です。この度は、AI OCRの【LAQOOT(ラクート)】などの販促を拡大させるため、Kasookuにて副業者採用を行っています。また、同社では新しい取り組みとしてX-SKILLS(クロススキルズ)プロジェクトと題して、雇用形態にとらわれないジョブ型組織づくり構想を進めています。 今回、こちらのプロジェクトの設計から運営も担当する、同社 人事担当 加藤仁聡氏に、副業者採用、活用における成功のポイントを伺いました。

2020年09月29日 10:00更新: 2020年09月28日 14:34

3

偽装請負で罰金?違法を訴えられる前に知っておかなければならないこと|media Kasooku

耳なれない言葉である「偽装請負」ですが、副業者と契約を結ぶ際には請負契約を締結します。その際に、「偽装請負」として罰金が発生しないためにはどのようなことを守らなければならないのか、また対策方法をまとめてみました。

2020年03月14日 12:00更新: 2020年04月01日 11:36

4

副業者のパフォーマンス発揮に欠かせない事は”熱量”の共有と語る理由とは

株式会社Kaizen Platformは創業当初から「21世紀の新しい働き方」をテーマに多様な働き方を受け入れ、正社員にこだわらない雇用形態を多数取り入れています。今回は、同社役員でありながら、ご自身も会社に所属しながら会社を立ち上げていらっしゃる栄井徹トニー氏に副業活用の秘訣や、今後の副業市場に関してお伺いしてきました。

2020年04月13日 12:00更新: 2020年05月25日 12:54

5

大手新規PJこその課題解決‐副業者活用により新しい営業体制の構築が実現‐

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社では、2015年より社内の新規事業プロジェクトとして、社内外のユーザーとのチャットや、ファイル、タスクの共有を簡単に行うことができるビジネス向けコミュニケーションサービス「tocaro(トカロ)」をリリース。この度は、こちらの事業部で副業者を採用頂いており、情報通信第3本部 技術統轄部 Tocaro製品責任者兼コンサルタント 松田賢司氏に副業者活用の実態や成功のポイントをお伺いしてきました。

2020年05月22日 13:00更新: 2020年05月22日 13:36