catch-img

副業を始める際に確認すべき就業規則の見るべきポイントは?

副業ニーズの増加に伴い、大手企業でも続々と副業を解禁していますが、副業を全面的に許可している企業は、まだまだ少ないです。そのため、これから副業を始めようと考えている方は、まず、就業規則について確認をしなければいけません。もしも確認を怠り、勝手に副業を始めてしまえば、就業規則違反として処分が下されてしまう可能性もあります。
そこで今回は、副業を始める前に確認すべき就業規則と、許可がおりやすくなる副業理由について紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.就業規則の種類
  2. 2.副業申請書類の副業理由の良い例
  3. 3.副業申請書類の副業理由の悪い例
  4. 4.まとめ

就業規則の種類


就業規則と言っても、賃金規則や安全管理規則や副業規則など、さまざまな種類があることはご存知でしょうか。これから副業を始めようと考えている方はとくに、副業規定については、把握しておかなければいけません。


一般的な副業に関する規則として、

・完全自由(規定なし)

・許可制

・完全禁止

などのいくつかのパターンがあります。

これから副業を始めようと考えているのであればまず、自分が勤める会社の副業規定を確認してください。副業規定について、「副業は自由に行って良い」などのような記載があれば、自分の判断で勝手に副業を行っても良いでしょう。
そして、副業禁止と記載があれば、副業を行わないでください。
副業禁止という規則に法的拘束力はありませんが、トラブル回避のために絶対に行わないほうが良いです。


副業に関する規則の中でもっとも難しいのが、許可制である場合です。どのような副業であれば、許可を出すのかについては、各企業によっても考え方が異なる部分です。
しかし、下記の項目をクリアしていることが最低条件であることは、間違いありません。

・本業に支障が出ないこと

・本業と副業が競合関係にないこと

・公的秩序に反し、本業企業の信用を失墜させないこと

上記の最低条件を守り、副業許可を請求してみましょう。


副業申請書類の副業理由の良い例


副業理由について、自己のスキルアップを理由に、本業企業にも利益を与える旨の記載があれば良い印象を与えます。ただし、本業企業・副業先企業のあいだに競合性がある場合には、スキルアップを謳っても許可はおりません。


副業申請書類の副業理由の悪い例

副業理由について、長時間労働・過重労働を助長するような記載は、許可がおりない可能性が高いです。長時間労働や過重労働は、精神面、体力面で不安定な状況になり、業務に多大な影響を及ぼしかねません。


まとめ

今回は、就業規則と許可がおりやすくなる副業理由について紹介しました。これから副業を始めようと考えている方は、必ず、就業規則を確認してください。確認をしたうえで、許可が必要であるならば、今回紹介した副業理由を参考にしてみてください。


週間アクセスランキング

1

スタートアップ企業にて副業社員活用により事業加速

株式会社BUBはWEBマーケティング・ミドル人材の採用に副業写真を活用。スタートアップ期の企業こそ副業社員活用を進めることのメリット、より上手く機能させるためのコツ、活用するうえで持つべき企業マインドについて同社代表取締役CEO一戸悠人氏より伺う。

2020年03月25日 12:00更新: 2020年09月15日 14:02

2

雇用形態にこだわらないジョブ型採用を導入のきっかけから副業者活用のポイントとは!?

株式会社ユニメディアは、デジタル領域におけるマーケティング支援企業です。この度は、AI OCRの【LAQOOT(ラクート)】などの販促を拡大させるため、Kasookuにて副業者採用を行っています。また、同社では新しい取り組みとしてX-SKILLS(クロススキルズ)プロジェクトと題して、雇用形態にとらわれないジョブ型組織づくり構想を進めています。 今回、こちらのプロジェクトの設計から運営も担当する、同社 人事担当 加藤仁聡氏に、副業者採用、活用における成功のポイントを伺いました。

2020年09月29日 10:00更新: 2020年09月28日 14:34

3

偽装請負で罰金?違法を訴えられる前に知っておかなければならないこと|media Kasooku

耳なれない言葉である「偽装請負」ですが、副業者と契約を結ぶ際には請負契約を締結します。その際に、「偽装請負」として罰金が発生しないためにはどのようなことを守らなければならないのか、また対策方法をまとめてみました。

2020年03月14日 12:00更新: 2020年04月01日 11:36

4

副業者のパフォーマンス発揮に欠かせない事は”熱量”の共有と語る理由とは

株式会社Kaizen Platformは創業当初から「21世紀の新しい働き方」をテーマに多様な働き方を受け入れ、正社員にこだわらない雇用形態を多数取り入れています。今回は、同社役員でありながら、ご自身も会社に所属しながら会社を立ち上げていらっしゃる栄井徹トニー氏に副業活用の秘訣や、今後の副業市場に関してお伺いしてきました。

2020年04月13日 12:00更新: 2020年05月25日 12:54

5

大手新規PJこその課題解決‐副業者活用により新しい営業体制の構築が実現‐

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社では、2015年より社内の新規事業プロジェクトとして、社内外のユーザーとのチャットや、ファイル、タスクの共有を簡単に行うことができるビジネス向けコミュニケーションサービス「tocaro(トカロ)」をリリース。この度は、こちらの事業部で副業者を採用頂いており、情報通信第3本部 技術統轄部 Tocaro製品責任者兼コンサルタント 松田賢司氏に副業者活用の実態や成功のポイントをお伺いしてきました。

2020年05月22日 13:00更新: 2020年05月22日 13:36