catch-img

副業者が長期間就業?副業社員が働き続けたいと思える秘訣とは!?

株式会社サードスコープでは、社員数と同規模の副業者を採用し、長期間働く方が多い実績を持っていらっしゃいます。この度は、自社開発サービスに注力するため、副業者を採用し、新規サービスリリースが達成しました。どのように上手く副業者を活用していくのか、成功ポイントを同社 代表取締役CEO 伊藤辰也氏にお伺いしてきました。 

【会社説明】

株式会社サードスコープは、自社サービスの開発・運用を主軸とし、ビジネスパートナーの開発支援や受託案件などを行っています。また、企業へデジタルブランディングコンサル業も行っており、現在自社サービスである、業界初となるブランドのデザインガイドラインを作ったことがない方でも、オンライン上で簡単にデザインガイドラインを制作できるサービス”Spirally"をリリースしています。

目次[非表示]

  1. 1.プロジェクトマネージャーとして副業者採用
  2. 2.副業者活用により自社サービスのリリースを加速
  3. 3.副業社員とも1on1の実施により、想いを聞き出す

プロジェクトマネージャーとして副業者採用


今回、副業社員を導入した経緯を教えてください。


約1年前、弊社では自社サービス開発をスタートしました。そのため、自社サービスに注力をしたいと考えており、企業へデジタルブランディングコンサルをしていく既存事業の案件に対して、ディレクションを任せられる方を探しておりました。
私のアシスタントの様なポジションでサポート頂ける方がいらっしゃらないかと考えていた際に、
タイミングよく御社から提案を受けまして、良い方が見つかりましたので採用しました。


具体的にどのような業務をお任せしていましたか。


社内から獲得してきた案件に対して、PMとして入って頂き、基本的には進め方や管理などをお任せをしていました。弊社はデジタルブランディングに特化した企業ですが、今後の社会においてテクノロジーに強いイメージを持ちたいとお考えの企業が多い状況です。そのため、新規のブランディングイメージ策定、リブランディングを希望など企業の案件を預かっており、このような案件のPMをお任せしていました。動き方としては、社内の案件担当者とは直接やりとりをして頂きつつ、私とは月に1度MTGを行い状況の確認とすり合わせをしていました。
また、副業者の方が外向き案件のサポートだけではなく、自社サービスに関しても詳しい方であったため、自社サービス開発事業に関しても情報共有や戦略相談の壁打ち相手としても頼りにしていました。


副業者活用により自社サービスのリリースを加速


実際に導入してから効果はいかがでしたか。


大変良かったです。自社サービスづくりに注力できた為、無事に新サービスのリリースもできました。また、彼はとても自走できる方でこちらが細かい指示をしなくとも案件を進めて頂けたので助けられていました。当初は私のアシスタントの様なポジションでと思っておりましたが、基本的に裁量権も彼に任せて進めていたところもあり、問題なく進められたため非常に頼りになりましたね。


副業社員とも1on1の実施により、想いを聞き出す


1年間など、長期間働かれる方が多い印象を受けますが、副業者を受けいれている際に気を付けていることはありますか。


副業者に対しても社員と同じように接することを心掛けています。副業者は、安く使える労働者と捉えられる方もいらっしゃるとは思いますがそのような考えを持たないようにしています。具体的には、社内において1on1などを副業者にも実施をし今後のキャリアや伸ばしたい力などを聞いたうえで、案件をお渡しするなども行っています。

また、エンジニアの副業者の方であれば技術的に面白味があり、チャレンジをしていきたいと思える業務をお願いするようにしていますね。
副業として働かれる方は、お金よりも、スキルの成長の限界が本業のみではあると感じられる方、弱い部分を伸ばし、強みをより広げたいと考えられる方がいらっしゃると思います。もちろんすべての案件が希望に沿うかは難しいですが、できるだけ要望に沿うような業務内容を切り出してお渡しすることで長期的に関係を持ち進められると思います。


今後、副業者の活用に関してどのようにお考えでいらっしゃいますか。


今後も活用していきたいと思いますね。現在も、社員と同じぐらの人数の方に副業者として手伝って頂いております。また、正社員として入社して欲しいとお伝えするのは向こうもハードルがありますが、副業としてならば気軽に頼みやすいとこもありますね。例えば、サービス開発が重要なフェーズにて、すぐに来ていただけるのは助けられていますね。今後も副業者にもお手伝い頂きながら、より事業を成長させていきたいと思っております。


貴重なお話をお伺いさせていただきありがとうございました。


週間アクセスランキング

1

スタートアップ企業にて副業社員活用により事業加速

株式会社BUBはWEBマーケティング・ミドル人材の採用に副業写真を活用。スタートアップ期の企業こそ副業社員活用を進めることのメリット、より上手く機能させるためのコツ、活用するうえで持つべき企業マインドについて同社代表取締役CEO一戸悠人氏より伺う。

2020年03月25日 12:00更新: 2020年09月15日 14:02

2

雇用形態にこだわらないジョブ型採用を導入のきっかけから副業者活用のポイントとは!?

株式会社ユニメディアは、デジタル領域におけるマーケティング支援企業です。この度は、AI OCRの【LAQOOT(ラクート)】などの販促を拡大させるため、Kasookuにて副業者採用を行っています。また、同社では新しい取り組みとしてX-SKILLS(クロススキルズ)プロジェクトと題して、雇用形態にとらわれないジョブ型組織づくり構想を進めています。 今回、こちらのプロジェクトの設計から運営も担当する、同社 人事担当 加藤仁聡氏に、副業者採用、活用における成功のポイントを伺いました。

2020年09月29日 10:00更新: 2020年09月28日 14:34

3

偽装請負で罰金?違法を訴えられる前に知っておかなければならないこと|media Kasooku

耳なれない言葉である「偽装請負」ですが、副業者と契約を結ぶ際には請負契約を締結します。その際に、「偽装請負」として罰金が発生しないためにはどのようなことを守らなければならないのか、また対策方法をまとめてみました。

2020年03月14日 12:00更新: 2020年04月01日 11:36

4

副業者のパフォーマンス発揮に欠かせない事は”熱量”の共有と語る理由とは

株式会社Kaizen Platformは創業当初から「21世紀の新しい働き方」をテーマに多様な働き方を受け入れ、正社員にこだわらない雇用形態を多数取り入れています。今回は、同社役員でありながら、ご自身も会社に所属しながら会社を立ち上げていらっしゃる栄井徹トニー氏に副業活用の秘訣や、今後の副業市場に関してお伺いしてきました。

2020年04月13日 12:00更新: 2020年05月25日 12:54

5

大手新規PJこその課題解決‐副業者活用により新しい営業体制の構築が実現‐

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社では、2015年より社内の新規事業プロジェクトとして、社内外のユーザーとのチャットや、ファイル、タスクの共有を簡単に行うことができるビジネス向けコミュニケーションサービス「tocaro(トカロ)」をリリース。この度は、こちらの事業部で副業者を採用頂いており、情報通信第3本部 技術統轄部 Tocaro製品責任者兼コンサルタント 松田賢司氏に副業者活用の実態や成功のポイントをお伺いしてきました。

2020年05月22日 13:00更新: 2020年05月22日 13:36