catch-img

本業で学びアウトプットの拡張として副業を行い稼ぐ(20代女性・WEBマーケ)

副業解禁が進み、副業を始めてみたいとお考えの方は多いのではないでしょうか。今回は、元広告代理店にお勤めの20代女性に、ベビーシッターから広告運用、営業代行まで、様々な副業経験から、副業を始められたきっかけから具体的な内容と、副業を始める際に確認しておきたいポイントをお伺いしてきました!


Nさん(仮名)

20代後半/女性 大学卒業後に広告代理店にお勤め後、現在はIT業界でご活躍。ベビーシッターから、前職の経験を活かしてwebマーケ、営業代行など幅広い副業を経験。

目次[非表示]

  1. 1.副業はできるところから、まずは踏み出してみることが肝
  2. 2.副業を始める前にお互いの期待値調整・業務責任の線引きが大切
  3. 3.副業は本業の実績の積み重ねがすべて

副業はできるところから、まずは踏み出してみることが肝


いつから副業は始められましたか。


会社にて副業が解禁になったことを広報で知りまして、元々好奇心旺盛なので、面白そうと思ったこと、お金も貰えるのであればやってみようと思い始めたのがきっかけですね。


どのように案件を探しましたか。


最初は「副業 方法」と検索し、様々な記事を見て、どのような副業があるのか情報を集めていました。そこで最初に見つけたのが、ベビーシッターの副業です。朝の出勤前と土日を使って子どもたちの送り迎えを中心に始めました。今も続けています。それが初めての副業で、現在は増やしており、平日の夜と土日稼働メインの2つのwebマーケ案件を副業としてやっています。


具体的な業務内容を教えてください。


1つはマーケティング担当者の教育です。主にノウハウのインプットと広告運用のサポートです。具体的には、月2回の対面でのMTGを行っていて、広告運用のKPIを達成すために必要な広告アドバイスをしています。

2つはマーケティングの担当者として代理店をディレクションすること、一部自社内の広告運用を行っています。

2つの案件合わせて月30時間ぐらいの稼働時間で、オフラインの定期的なミーティング以外は都度メッセンジャーなどのコミュニケーションツールでやり取りをしています。 


報酬体系はいかがですか。 


現状は時給制で動いていて、稼働時間を自己申告しています。稼働時間にもよりますが月10万~15万ぐらいは頂いていて、お小遣いのような形で使えるのはとても有難いです。 


副業を始める前にお互いの期待値調整・業務責任の線引きが大切


周りの友人に副業を始めることはおすすめしますか。


します!自由に使えるお金が増える面でおすすめですね。他には、現在転職して、別の異業界に来ていますが前まで培ってきた経験、スキルとか顧客をディレクションしていくとか現在の業務では一時的に消えていて、せっかくの培ったスキルを今後使う場面が出て来るときのためにスキルを温存しておくことは大切だと思っています。


副業始める友人にどのようなアドバイスをしますか。


3つありまして、①事前に自分のスキルの棚卸をしておくこと②本業との兼ね合いを見て中途半端にならずやり切れるのかを見切ること③業務範囲・責任の所在を明確にし、始める前にお互いの期待値コントロールをしておくことが必要かと思います。


また、副業は知り合いから紹介されることが多いと思いますが、間に誰かが入ってくれる案件の方がやりやすいなと色々経験して思っています。

3つ目の出来る業務範囲責任の所在を明確にするのが難しく、初心者であれば副業エージェントを活用すると、知見のある方が引き出してくれているからこそミスマッチがないなと思っていています。


副業は本業の実績の積み重ねがすべて


「副業」に関してどのようにお考えでしょうか。


副業でスキルアップっていうのは、目指されている方もいらっしゃるとは思いますが、私は今のところそれを副業のフィールドには求めていないです。副業者を採用する企業は、スタートアップとか採用に関して正社員採用まで待てない、緊急性が高い企業が多いと思っていて、ノウハウも社内で成熟しきれていないた為、副業者を活用していると思っていますね。だから「新しい知見をつける」ではなく、「今まで培ってきたスキルを活かしていかに貢献できるか」が求められていると思います。

だからこそ、本業で貢献できる専門スキルを身に着けてどんどん副業でアウトプットをしていく、アウトプットの拡張が副業って考えてますね。

N様にとってどのような目的で副業を行っているのですか。


目的は収入のアップが一番の目的です。今のところ独立とかフリーランスは考えていないです。 理由としては、現在の社会は、このスキルがあれば30年食べていける保証は無いと思っていて、常にスキルチェンジする必要があると思っているんですね。

そのような状況で、スキルチェンジをし続けるのはフリーランスは可能なのかと疑問に思っていて、フリーランスはライスワークに私はなってしまうと思っているんです。自分のスキルチェンジをする時間を自発的に捻出して行かなければならないと思うけれども、私自身はスキルをインプットし続けられるのかって思うとあんまりイメージが沸かないです。あくまで私個人の話ではありますが。

また、マーケッターは特に情報がすべてであると思っていて、情報が入っている量が企業にいるのとフリーでいるのと量と鮮度、種類が違うと思うので変化に対応していくとなると私はフリーランスでやり続けられるイメージはあまりないですね。 今後も本業に影響がない範囲で収入が適度なリソースで高められる方法を探したいと思います。

  

(編集後記)


お話をお伺いし、今後の状況を見据えて、持っているスキルをフル活用していらっしゃるAさんはとても輝いていました。副業は最初はハードルが高く感じるかと思いますが、始められるところから徐々に広げていくことが大切ですね。

とはいえ、やってみるだけでなく、事前に自分の活かせるスキルチェック、やり切れるのか覚悟感を見極めることも大切なポイントであると大切な気づきも頂きました。


貴重なお話をありがとうございました。

週間アクセスランキング

1

スタートアップ企業にて副業社員活用により事業加速|media Kasooku

株式会社BUBはWEBマーケティング・ミドル人材の採用に副業写真を活用。スタートアップ期の企業こそ副業社員活用を進めることのメリット、より上手く機能させるためのコツ、活用するうえで持つべき企業マインドについて同社代表取締役CEO一戸悠人氏より伺う。

2020年03月25日 12:00更新: 2020年04月28日 17:08

2

副業者のパフォーマンス発揮に欠かせない事は”熱量”の共有と語る理由とは

株式会社Kaizen Platformは創業当初から「21世紀の新しい働き方」をテーマに多様な働き方を受け入れ、正社員にこだわらない雇用形態を多数取り入れています。今回は、同社役員でありながら、ご自身も会社に所属しながら会社を立ち上げていらっしゃる栄井徹トニー氏に副業活用の秘訣や、今後の副業市場に関してお伺いしてきました。

2020年04月13日 12:00更新: 2020年05月25日 12:54

3

大手新規PJこその課題解決‐副業者活用により新しい営業体制の構築が実現‐

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社では、2015年より社内の新規事業プロジェクトとして、社内外のユーザーとのチャットや、ファイル、タスクの共有を簡単に行うことができるビジネス向けコミュニケーションサービス「tocaro(トカロ)」をリリース。この度は、こちらの事業部で副業者を採用頂いており、情報通信第3本部 技術統轄部 Tocaro製品責任者兼コンサルタント 松田賢司氏に副業者活用の実態や成功のポイントをお伺いしてきました。

2020年05月22日 13:00更新: 2020年05月22日 13:36

4

「経営者・事業者を目指す入り口として副業を」と語る理由~副業者のPM登用事例から~

クレディ・テック株式会社は、2020年4月に出張整体プラットフォーム「みんなのせいたい」をローンチしました。今回は、サービスローンチまでの1年間、事業戦略、開発プロジェクトマネージャーとして副業者を採用して頂いた事例です。以前から外部人材を積極的に活用されている同社 代表取締役 村上 年範氏に、副業者の活用における成功のポイントを伺いました。

2020年06月09日 12:00更新: 2020年06月12日 14:32

5

副業者の活用によりアプローチ難の大手企業への開拓が実現!

株式会社ジーニーでは、社内に多様な雇用形態の方が就業していらっしゃいます。今回は、営業社員の増員採用の為に正社員ではなく、副業社員を導入された背景や結果と、副業社員を活用するためのポイントを同社取締役廣瀬寛氏と事業開発本部兼営業統括本部第二営業部部長廣川直己氏にお伺いしてきました。

2020年04月10日 12:00更新: 2020年04月10日 14:04